報告が遅れましたが、当団体の母親たちが企画段階から携わり、開催までこぎつけたフォーラムの参加報告をします。

【日時】2014年2月1日(土)9時40分 ~ 12時15分

【会場】船橋市 市民文化創造館(きららホール・6F)

【内容】福島問題を考えるフォーラム
     ~子ども・被災者支援法の課題、健康問題、原故訴訟~

【講演】
「福島被災地は今…在住子ども支援から見える課題」 吉野裕之さん 
「子ども・被災者支援法の現状と課題…被害者を見捨てない制度を」 満田夏花さん
「チェルノブイリ原発事故から見る健康被害 被曝影響はどう見るか」 土谷良樹さん
「弁護士から見た福島第一原発事故における国や東電の責任」 福武公子さん

【チラシ】おもて うら

※コープ共済 地域ささえあい助成をうけています。

~フォーラムの報告~

目標を上回る130人が来場され、大盛況でした。
写真1 写真2
福島の線量をホットスポットファインダーで計測し、閉じこもるだけではなく、線量の低い場所を見つけて行こうという取り組みを話された吉野さん、支援法成立からこれまでの市民団体の取組を紹介してくださった満田さん、一昨年訪問したチェルノブイリと近郊の人々の様子を報告してくださった土谷医師、高速炉もんじゅの設置許可処分無効確認以降関わってきた原発関連の訴訟のことをお話しくださった福武弁護士。それぞれが非常に密度の高いお話をしてくださいました。パネル展示も2つのパネルを使って常総生協と協力し土壌の汚染マップや甲状腺エコー検査の新聞記事などを掲示しました。

全体として、4人の話者が同じ場所で話すことによって、今後必要になる汚染の実態把握、表面化してくる健康被害への対応、科学の市民化(科学と市民の双方が変わっていく意味を含めて)、法的な体制づくりなど、市民側で準備する必要がある作業の手がかりができたフォーラムだったと思います。