超!緊急企画ですっ!
守谷に集まれ〜当日お手伝いも募集中。

「チェルノブイリへのかけはし」代表の野呂美加さんが、7月6日(土)茨城県守谷市にいらっしゃいますので、お話を聞きにいらっしゃいませんか?

野呂さんより〜
「3月にベラルーシの甲状腺医療の現場を視察してきました」
小児甲状腺がん・予防のためのスクリーニング~ベラルーシの現場報告~
100万人に一人しか発症しないはずの小児甲状腺がんが福島ではすでに28名。
それでも原因は、「やぶの中」だという。
チェルノブイリ事故から27年たったベラルーシで、今でも行われているスクリーニングについて報告させていただきます。

【日時】7月6日(土)13時30分〜15時30分(13時より受け付け開始)
【場所】守谷市立中央公民館 http://www.city.moriya.ibaraki.jp/shisetsu/bunka/kouminkan.html
住所:茨城県守谷市百合ケ丘二丁目2540番地の1
電話番号:0297-48-6731
【参加費】1000円(集金しました会費は、経費を除いて全額を「チェルノブイリへのかけはし」に寄付させていただきます。)
【主催】放射能汚染から子どもを守ろう@守谷
【申し込み】放射能汚染から子どもを守ろう@守谷 担当 関まで。
mirai.ibarakichildren.z(あっと)gmail.com(迷惑メール防止のため、あっとを@に換えて送信してください)
【お問い合わせ】担当 高城08012880582(10時~17時 )*仕事中のため、出られない事があります

【チェルノブイリへのかけはし】
代表 野呂美加
プロフィール
1992年から福島原発事故がおきる2010年までに648名のチェルノブイリ事故被災児童を保養の為に招待。

【参考記事 産経新聞より】
http://sankei.jp.msn.com/smp/region/news/130628/ibr13062802070004-s.htm
未就学児甲状腺検査 7人が「要精密検査」 茨城・東海村
産経ニュース 2013.6.28 02:07

東海村は、東京電力福島第1原発事故による健康への影響を調べるため、未就学児に実施した甲状腺の超音波検査で、4月30日までに988人が受診し、7人が「要精密検査」と判定されたと発表した。

検査は平成23年4月以前に生まれた未就学児約2100人を対象に、希望者に無料で実施。
26日の発表によると、しこりの大きさなどを基準に診断した結果、
「要精密検査」が7人、
「経過観察」が230人、
「異常なし」が751人だった。

村は7、8月、小中学生を対象とした検査も実施する予定で、
対象者約3800人のうち、これまでに約2200人から申し込みがあったという。