放射線と安心・安全講演会「内部被ばくの現状と今後注意すべきこと」

白井市では、東京電力福島第一原子力発電所の事故によって福島県民が受けている内部被ばくに関する調査に取り組む東京大学医科学研究所の研究員で あり、南相馬市立総合病院非常勤医師として勤務している坪倉正治医師を招き、福島県での現状や大気・食物からの被ばくに対する考え方などについての知識を 深めるための講演会を開催します。当日は保育もあるので、子ども連れの参加でも差し支えありません。

日時  5月23日㈭ 午後1時30分〜3時30分(受け付け午後1時〜)
※保育を希望する人は、午後1時15分までに受け付けを済ませてください。
場所  保健福祉センター http://city.shiroi.chiba.jp/detail/570-000570.html 市役所の敷地奥にあります。
対象  市内在住者80人(申し込み順)保育20人(申し込み順)
申・問 氏名、年齢、電話番号を17日㈮までに電話かEメールで
健康課健康づくり推進班☎(497)3494・kenkou@city.shiroi.chiba.jpへ

※保育を希望する場合は子どもの氏名、年齢も伝えてください。

(広報しろい5月1日号)http://city.shiroi.chiba.jp/iexcms/files/article/39191/20130426143900.pdf