2014年2月2日
1:00 PMto3:30 PM

 

市民がつくった電力会社についてのドキュメンタリー映画「シェーナウの想い~自然エネルギー社会を子どもたちに~」の上映と長谷川さん・板倉さんの講演会、意見交換会を行います!ふるってご参加ください。

(映画のあらすじ)ドイツ南西部、黒い森のなかにある小さなまちシェーナウ市。チェルノブイリ原発事故後、シェーナウの親たちが、子どもの未来を守るため、自然エネルギーの電力会社を自ら作ろうと決意する。詳しくは こちら→http://www.geocities.jp/naturalenergysociety/eiganaiyou.html

【日時】平成26年2月2日(日)
午後2時~4時(映画60分、その後お茶を飲みながらの座談会)
12:30 開場
13:00 上映開始
14:00 休憩
14:15 講演 長谷川 平和さん「ドイツのエネルギー事情・最終処分場探査」
    講演 板倉 正さん「エネルギー自立を私たちの手の届く範囲で出来るところから」
15:00~15:30 意見交換会

※講師プロフィール※
長谷川 平和さん:ドイツ・バイロイト大学を卒業後、2002 年から在日ドイツ商工会議所に勤務。日独経済の仲介役として、特にドイツ中小企業の日本進出をサポート。3.11 以降は、ドイツのエネルギー大転換政策やエネルギー事情を日本に紹介し、再生可能エネルギーに関する視察やシンポジウム等もアレンジしている。

板倉正さん:株式会社「とうかつ市民エネルギー」代表取締役。地域での自立したエネルギー供給を目指して活動している。

【参加費】700円 300円(お飲物付) ←(会場が変更になったためお安くなりました)

【会場】松戸市民活動サポートセンター 第二会議室
http://www.matsudo-sc.com/modules/tinycontent5/index.php?id=2/
千葉県松戸市上矢切299-1

【司会】放射能からこどもを守ろう関東ネット 代表;増田薫

【定員】40名様

【お申込】09055791739 増田まで

【共催】放射能からこどもを守ろう関東ネット・常総生活協同組合

※コープ共済の助成をうけた上映&講演会です

~上映&講演会の報告~

10人の参加がありました。上映会ではシェーナウ市民自らが電力会社をつくろうという姿を知り、また講演会では長谷川さんからドイツの現状(模索しながらの脱原発、フランスと地続きで通過点になるため批判がある、土地の特性に応じた持続可能なエネルギーの供給をしている)のお話、また板倉さんからは流山で行っている小学校の出前授業の取り組み(化石燃料の限界や地球温暖化による深刻な現象を伝え→生徒と太陽光パネルのワークショップに繋げる)の話も聞けて参考になりました。

参加者から「板倉さんの実践はとても良い」「シェーナウは小さい町だから出来たのであって松戸など人口が多い街では難しいのでは?」など話が上がり、板倉さんから「小学校区単位で考えたらいいのではないか」とアドバイス。”地域おこし”を小学校区で実現出来たら、顔の見える関係通しで地域自体が盛り上がっていくかもしれないね、と会場は良いムードになりました。こういう小さな集まりを継続することは価値があると思いました。