放射性物質は福島県から県境を越え、関東にも汚染スポットをうみだした!
茨城、千葉北西部、埼玉南東部の子どもたちに健康調査を!

放射性物質を含んだ雲は県境で止まってくれませんでした。福島県境を越えて、茨城県、千葉県北西部・埼玉県南東部に流れたのです。この汚染ゾーンで県境を越えて、母親たちが繋がりました。震災から2 年たつのに、子ども達には何の健康調査もされていません。特措法で「汚染重点地域」に指定され、学校や公園に防護服を着た作業員や重機が入って除染したのに、なぜ、子どもたちの健康診断をしてもらえないのでしょうか? 何も調べないで、わからないのに「大丈夫」と言うだけでは、本当の安心・安全は得られません。
昨年6 月、「原発事故子ども・被災者支援法」という素晴らしい法律ができました。この法律が茨城や千葉・埼玉にも適用され、健康調査ができるように、母親たちが復興庁や関係省庁に交渉をしています。
このたび、そんな母親たちの声を国に届けよう!と署名を集めることにしました。

『駅前街頭署名活動』
日時:2013 年3 月1 日(金)スタート
※ 3 月8 日(金)10:30〜12:00 柏駅東口にて行います

放射能からこどもを守ろう関東ネット http://kodomokanto.net/