福島原発事故後、汚染地域となった関東で、子どもを守ろうとつながり、動いてきた人々がいます。

「汚染状況重点調査地域」の指定を受けながら、「原発事故子ども被災者支援法」の支援対象にはなりませんでした。

関東の母親たちをはじめ、市民は空間線量を測定し、土壌を測定し、除染し、放射能汚染対策や健康調査の必要性を国に対して要望し、市民自らが基金をたちあげて、市民による検査を実施したり、子ども達の健康をずっと見守り続けて行こうと、調査にとりくんできました。

原発事故から5年。現場からの報告です…

 

 原発事故から5年 今何が起きているのか Part2
  【 日 時 】 4月17日(日) 13:00開場 13:30~16:30
  【 場 所 】 取手市福祉交流センター(取手市役所敷地内)
  【 資料代 】 500円
  【 内 容 】 講 演:常総生協副理事長 大石光伸氏
            土壌汚染・甲状腺検診・東海大に原発の廃炉などについて
        報 告:とりで生活者ネットワーク 黒澤仁美氏
            茨城県内全44市町村の小中学校心臓検診結果集計

どなたでも参加できますので、どうぞおいで下さい。
原発事故から5年めの状況について一緒に考えてみませんか?

toride

「放射能からこどもを守ろう関東ネット」の参加団体である、「放射能NO!ネットワーク取手」の企画です