重点調査地域に住むみなさん、
そして、広く関東の子どもたち・大人のためにも日本中のみなさん、
パブリックコメントをだしてください!

(1/21〆切、郵送は1/19必着)

 

インターネットならとっても簡単。
「福島県以外でも健康健診を行ってください」だけでも。
意見対象の文書は→ こちらです

放射能汚染の健康対策に関する専門家会議(→会議要綱)が行われ中間とりまとめが発表されました。
この専門家会議の最終会議では傍聴の市民が締め出されました。
そして中間とりまとめには「東葛地域(千葉北西部)など今後健康被害が否定しきれない地域での健康対策も必要である」という複数の専門家の意見、多くの論文が無視されています。会議に招聘された外部専門家の意見を検討さえしていません。

放射能汚染は当然県をまたいでおりホットスポットもありますが、
「福島県以外では線量が低い」という 非科学的な理由で検診などの対策を講じない、
健康相談のみでよしと結論づけています。
子どもの健康に不安を持つ親の声や千葉県東葛9市の自治体の要望もなきがごとしです。

国際機関の評価として、WHOとUNSCEARのみに依拠していますが、
内容に関する検証を 行っておらず、警鐘の部分をあえて取り上げず
恣意的に影響の可能性を無視したものとなっています。
福島ではすでに104例に甲状腺がんが認められるという高い発生確率になっています。

影響を認めないでいるにはすでに大きな無理がある状況です。
急速ながんの進行もあり事態はひっ迫しています。
福島健康調査は個人の救済のためではなく疫学的な調査としての位置づけとされた上、
福島以外の県を超えた汚染地の検診を必要なしというのですがとても納得できるものではありません。

空間線量がかなり下がったとはいえ、現在も土壌には立ち入りが制限される管理区域並の汚染が多数確認されています。また事故当時気体の放射能核種を吸入したことも事実でありその影響も否定できないレベルです。

このままでは子どもたちを守ることができません。
大人にも症状が出ることも過去のデータにあります。
自然界にはなかった危険な核種を大規模にまき散らした汚染に対して
何も手を打たないということが近代国家であっていいのでしょうか?

チェルノブイリでのロシア、ウクライナでは幅広い検診内容で健康チェックが行われています。
世界は日本が国民の健康を命を大事にする国かどうかを見ています。
原発を主導した国の責任は大きいのです。
健康チェックくらいは国の責任で行うよう、ぜひパブリックコメントを届けてください。

パプリックコメントの参考にしてください
●1/14(水)に、このパブコメの勉強会を行いました。当日資料もリンク先にあります。参考に!
→ http://kodomokanto.net/archives/1255

●この勉強会の共催したFOEJapanさんのホームページも参考に!簡単なコメント例もあります。
→ http://www.foejapan.org/energy/action/141231.html

パプリックコメントの提出方法

※以下は環境省のサイトからの引用です。

東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う住民の健康管理のあり方に関する専門家会議の中間取りまとめを踏まえた環境省における当面の施策の方向性(案)」に関する意見(パプリックコメント)募集についてhttp://www.env.go.jp/press/100098.html

(1)募集期間
平成26年12月22日(月)から平成27年1月21日(水)まで
(郵送の場合は、平成27年1月19日(月)必着となりますのでご注意ください。)

(2)意見の提出方法
●インターネットにて
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=195140066&Mode=0

●郵送またはFAXにて
郵送の場合は封筒に赤字で、FAXの場合は題名に「「東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う住民の健康管理のあり方に関する専門家会議の中間取りまとめを踏まえた環境省における当面の施策の方向性(案)」に関する意見」と記載してください。
なお、提出の意見は、日本語に限ります。また、上記以外の方法(電話等)による御意見は受け付けかねますのであらかじめ御了承ください。

【記入要領】
[宛先]環境省総合環境政策局環境保健部放射線健康管理担当参事官室 健康管理担当
[件名]「東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う住民の健康管理のあり方に関する専門家会議の中間取りまとめを踏まえた環境省における当面の施策の方向性(案)」に関する意見
[郵便番号]
[住所]
[氏名] (企業・団体の場合は、企業・団体名、部署名及び担当者名。個人の場合は、職業等記入してください。)
[電話番号]
[FAX番号]
[電子メールアドレス]
[意見]
・該当箇所
・意見内容
・理由

【提出先】
〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2
環境省総合環境政策局環境保健部放射線健康管理担当参事官室 健康管理担当
(FAX:03-3581-3368)