~定員となりましたので締め切りました~

以前にもこのHPでお知らせした、「関東子ども健康調査支援基金」(以下「基金」)は、子ども達が将来も元気に暮らすためには、今、予防原則の見地に立って、調査を始めなければならない』という、大勢の市民の湧き上がる思いから、茨城県、千葉県の市民が呼びかけ人となって、関東の汚染地域で健康管理調査を行うために、2013年9月1日設立されました。

健康調査のための資金を集め、超音波診断装置(エコー検査機)を購入し、関東の汚染スポットで甲状腺エコー検査を開始しています。設立から1年がすぎましたが、茨城、千葉、埼玉、神奈川、栃木の16会場で甲状腺エコー検査を受けたお子さんは約2,000人になりました。

基金では、長期にわたって子どもの健康を見守るため、継続的に甲状腺検査をすすめていく考えです。わたしたち「放射能からこどもを守ろう関東ネット」は、基金の運営団体として、ボランティアで検診開催のお手伝いをしたり、情報発信をしたりしてしています。

さて来月、2014年11月9日、松戸市にある「松戸市市民活動サポートセンター(上矢切)」で、甲状腺エコー検査が行われます!

10月25日時点で、午後の枠のみ若干の空きがあるそうです。
申し込みが定員に達し次第、締切り(キャンセル待ち)になりますが、希望される方は「関東子ども健康調査支援基金」までお申し込みください。

↑定員となりましたので締め切りました

「関東子ども健康調査支援基金」のホームページ
http://www.kantokodomo.info/yotei.html

甲状腺エコー検査チラシ
http://http://www.kantokodomo.info/pdf/toukatuosirase.pdf